不登校新聞

376号 (2013.12.15)

不登校の歴史 過剰医療の時代

2013年12月13日 15:59 by kito-shin


 09年の医学会はそんなようすだったが、日常の医療との関係はどんなだっただろうか。登校拒否を考える会、などの親の会やフリースクールを通して言うならひとことで過剰医療と言える状態があった。薬の多剤・多量投与、不必要と思われる入院の例に出会い続け、「不登校になったら病院にかかるものなんだ」という考え方の広がりを感じる日々だった。過剰医療は医療依存と一体であり、子どもがもっともわかってほしいのは親であるが、その親が「医者が治してくれるもの」という考えになってしまっては悲惨である。親自身がこの子のこの状況は「なぜ生じているんだろう」「何を訴えているんだろう」と考えなくなりやすい。医者に訴え、医者に相談して、治してもらおうとする。医者は、その訴えによって、薬を増やしたり、種類を変える。「しばらくようすを見てみよう」と、子どもの心は置き去りにされる。そのうち、薬の副作用のほうが強くなり、苦しく、元の症状だかなんだかわからなくなる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...