今回、「Fonte」での初取材で、マンガ家・荒木飛呂彦さんのインタビュー取材を終えました。いまふり返れば、取材に行きつくまで長かったような短かったような感じがします。

 荒木さんの取材をする以前、別の方にインタビュー取材の企画書を出したことがありました。何カ月もかかって企画書をつくったのですが、担当者に送っても向こうからは「また送ってください」と言われ、もう一度送ったら今度は断わられるなど、前回の企画は散々な結果でした。

 なので、荒木飛呂彦さんの取材も企画書を出したときは「本当に行けるのかな?」という気持ちでした。予想通り担当者がなかなかつかまらず「今回もダメか もしれないなぁ」という気持ちで電話がけをしていました。ところが、急転直下、「インタビュー取材が決まった」と聞いたときは「まさか!」と思いました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。