不登校新聞

306号(2011.1.15)

荒木飛呂彦さん取材後記「言葉の一つひとつに励まされて」

2013年12月20日 14:38 by shiko

 今回、「Fonte」での初取材で、マンガ家・荒木飛呂彦さんのインタビュー取材を終えました。いまふり返れば、取材に行きつくまで長かったような短かったような感じがします。

 荒木さんの取材をする以前、別の方にインタビュー取材の企画書を出したことがありました。何カ月もかかって企画書をつくったのですが、担当者に送っても向こうからは「また送ってください」と言われ、もう一度送ったら今度は断わられるなど、前回の企画は散々な結果でした。

 なので、荒木飛呂彦さんの取材も企画書を出したときは「本当に行けるのかな?」という気持ちでした。予想通り担当者がなかなかつかまらず「今回もダメか もしれないなぁ」という気持ちで電話がけをしていました。ところが、急転直下、「インタビュー取材が決まった」と聞いたときは「まさか!」と思いました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...