年末は全国各地で厳しい冷え込みが続いた。冬至の日には南瓜を食べたり、柚子湯を楽しんだ人も多いだろう。

 毎年この時期は不登校をめぐって、進路相談が多くなる。中学3年生年齢の子どもや親の不安は大きい。一方、発達障害の診断を受けて、特別支援学校に通いながら、進路先を限定されるケースもあるという。かつての特殊学級のような不利益がないよう注意したい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。