不登校新聞

378号 (2014.1.15)

かがり火 奥地圭子

2014年03月06日 13:08 by kito-shin


 大掃除の日に出てきた古い写真がある。9人の子どもが壇上に並んでいる。頭上の横看には「さよなら学校信仰~登校拒否を考える集い」とある。

 私たちが「登校拒否を考える会」を始めた年、当事者の子どもが登場しての大きいイベントは初、みな、実名を出して発言していた。1984年、ちょうど30年前のことだ。

 登校拒否のあなたたちは問題の子だ、という社会の価値観のなか、この子たちは、何てすごい存在だろう、と思う。いまは30代、40代、みな元気でいるだろうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...