不登校新聞

378号 (2014.1.15)

第27回 初詣にさえ行けないの?

2014年01月10日 16:48 by kito-shin


連載「孫の不登校」

 お正月、孫といっしょに初詣ができることを楽しみにしていました。わが家では、昔からお参りしている神社がありますが、境内から海が見えるんです。階段をかなり登るんですが、去年も孫は私の腰を押してくれたり、「あと何段だよ、がんばって」と言ってくれて、一家4人でお参りしていました。それぞれおみくじを引いて笑いあったり、帰りにちょっとお茶を飲んだり、とてもいい時間でした。
 
 ところが今年は、どう誘っても行きませんでした。中学に入学して、7月ごろから学校を休むようになり、夏休みをすぎて2学期になっても登校せず、食事以外は自分の部屋ですごすようになってしまいました。心配でしたが、何か事情があるのだろうと思い、息子夫婦と「本人が行く気になるまで見守ろう」と相談し、家のなかでは、それなりに穏やかにすごせています。でも、初詣に行ってくれなかったことが悲しく、何だかガックリきてしまいました――。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...