不登校新聞

378号 (2014.1.15)

当事者手記 私の不登校が始まった日

2014年02月06日 16:32 by kito-shin


 私が学校へ行きたくないと言い始めたのは小学1年生の秋ごろだっただろうか。その理由として「算数の授業がわからない」と言ったらしいけど、本当にそれが原因だったのかはいまだに謎だ。それもあるけど、それ以外にもいろいろ言葉にならないことがたくさんあったんだと思う。
 
 学校をどれくらい休んだのかということも、よく覚えていない。でも、思い出すのは母に付き添ってもらって行った学校だ。母は教室のなかまでいっしょにいて、私が「もういいよ、大丈夫」って言うまでいるという約束だった。最初は気を遣って「もういいよ、大丈夫な気がする」といって帰ってもらっていた。そしてそのあと、そう言ったことを後悔した。本当はいっしょに帰りたかった。でも当時、そういう選択肢は存在していなかったのだ。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...