不登校新聞

378号 (2014.1.15)

居場所は学校だけとは 島夢美22歳

2014年03月06日 10:47 by koguma


◎シンポ抄録「フリースクールで育って」

不登校・ひきこもりの子らが通っている学校外の居場所「フリースクール」。その場で育ってきた人、あるいは現在通っている人がシンポジウムに登壇。フリースクールフェイスティバル2013のシンポジウム「フリースクールで育って」講演抄録。島夢美さん以外のシンポジスとはこちら。

学校だけが自分の居場所とはかぎらない


 私は中学1年生の9月2日から学校に行かなくなりました。両親が共働きだったこともあり、小学1~3年生のあいだは学童クラブに通っていましたが、ガマンの毎日でした。上級生から暴言を吐かれたり、トマトでロッカーをぐちゃぐちゃにされたり、いじめがあったんです。学校に行けば学童に行かなくちゃいけないわけで、学校に行くこと自体がすごくイヤでした。それに、保育園に通っていたころから、私は周囲のペースに追いつけない子どもでした。何事もゆっくりこなす私は周囲の「当たり前」について行けなくて、そのこともずっと引け目に感じていました。
 
 私が不登校になったとき、母は「原因は住んでいるアパートにある」と言い出し、お坊さんを呼んで、お祓いをしてもらったことがあります。いま思えば、母は母なりに心配してくれてたんだろうけど、「私が求めていたもの」とはちがう。不安な気持ちを聞いてもらい、何も言わずにそばに寄り添ってほしかったんです。何度も伝えましたが、すれちがいの毎日でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...