不登校新聞

280号(2009.12.15)

かがり火 森英俊

2014年01月16日 10:44 by nakajima_


 司馬遼太郎原作の『坂の上の雲』がNHKでドラマ化している。開花期を迎えた明治の日本が、あたかも青春のような時代として、国民の視線から描かれているというが、はたしてそうか。

 時代背景は、明治27年に勃発した日清戦争から、明治41年の日露戦争後のポーツマス条約講和条約締結までの10数年であるが、明治政府の「富国強兵」政策により、国民への学校教育制度が確立された時期でもあった。ドラマの主人公となる秋山兄弟や正岡子規は、学校制度の過渡期を中退や進路変更をしながら、なんとか生き抜いていく。けっして学校教育だけで人生の核となるものを得たのではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...