小5、中3になる息子たちが学校に行かなくなって、もうすぐ丸4年になります。

  当初、私たち夫婦は慌てもしましたが、同居する祖父母に対して「1カ月くらいのことだろうから。落ち着いたら行くようになるだろうから心配しないで」と話していて、不登校のことはもちろん、子どもの気持ちがまるでわからない親でした。

 祖父母にとっては、目に入れても痛くない溺愛していた孫たちだったのでとても心配だったろうし、イジメなどのわかりやすい行けなくなる原因がなかったことも、よけいに「なぜいけないのか」と理解できなかったようです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。