不登校新聞

280号(2009.12.15)

わが家の場合「しだいに変わっていった祖母」

2014年01月15日 12:51 by 匿名


 小5、中3になる息子たちが学校に行かなくなって、もうすぐ丸4年になります。

  当初、私たち夫婦は慌てもしましたが、同居する祖父母に対して「1カ月くらいのことだろうから。落ち着いたら行くようになるだろうから心配しないで」と話していて、不登校のことはもちろん、子どもの気持ちがまるでわからない親でした。

 祖父母にとっては、目に入れても痛くない溺愛していた孫たちだったのでとても心配だったろうし、イジメなどのわかりやすい行けなくなる原因がなかったことも、よけいに「なぜいけないのか」と理解できなかったようです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...