不登校新聞

277号(2009.11.1)

声「やめられないから やめないこと」

2014年01月22日 14:20 by nakajima_


 本紙のWeb10月特集「哲学者が語る不登校」を毎回、興味深く読んでいます。いまから5、6年前、20歳を過ぎてから、自分もよく一人、パソコンの前であれこれと取り留めのないことを考えていました。最近では、考えることよりも何かをしてみたいと思うことが多くなり、部屋をちょっとずつ掃除したり食べる量を調節してダイエットをしたりしています。考えごとをしていただけの時期と比較したら、いろいろとやっているなと思います。が、やっぱりそのぶん、考える時間が減ってるんだな、とも思います。

 僕は考えることが好きではありません。考えてもどうにもならないことばかりだし、誰かを助けられるわけでも役に立つわけでもないことばかり考えています。とても人に言えないようなことも、よく考えています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...