不登校新聞

275号(2009.10.1)

読者の目 新政権発足②

2014年01月29日 11:51 by nakajima_
 私は、新政権誕生に、とても期待しています。

 選挙のときには、「民主党も安心できる政党ではないけれど、このまま自民党政権が続くよりは、何か変化の可能性があるだろう!」と思っていました。そして、いまでは、私たち国民の力で「政権を変えたんだ!」という自負があります。また、選挙戦を社民党や国民新党と連携して取り組み、選挙後には、民主党が大勝したにもかかわらず、連立政権を立ち上げたことに、「小さな声も大切にされる社会が来たんだ」という安心感をもたらしています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...