不登校新聞

275号(2009.10.1)

読者の目 新政権発足②

2014年01月29日 11:51 by 匿名
 私は、新政権誕生に、とても期待しています。

 選挙のときには、「民主党も安心できる政党ではないけれど、このまま自民党政権が続くよりは、何か変化の可能性があるだろう!」と思っていました。そして、いまでは、私たち国民の力で「政権を変えたんだ!」という自負があります。また、選挙戦を社民党や国民新党と連携して取り組み、選挙後には、民主党が大勝したにもかかわらず、連立政権を立ち上げたことに、「小さな声も大切にされる社会が来たんだ」という安心感をもたらしています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

550号 2021/3/15

学校へ行かない息子を信じて待てなかった理由

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...