不登校新聞

275号(2009.10.1)

第10回 最後のひとりという心意気 勝山実

2014年02月13日 13:27 by nakajima_


連載「安心ひきこもりLIFE」


 出会いがないから彼女ができないなんてことはありません、まずい面だから彼女ができないのです。鏡を見ればいいのです。ひきこもっていてもいなくても、女子と付き合いたいという願いは、そうそう叶うものではありません。原因はひきこもりではないのですから。

 酒井法子さんが覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕されました。けしからんというのはカンタンですが、こういうとき、もしいま、のりピーと付き合えるとしたらどうするかと発想できたらどうでしょう。絶対、付き合わないと言いきれるほど硬派ですか。迷う、迷ったうえで10歳の子どももいるし自分には荷が重いと、のりピーを諦めるのがほとんどでしょう。しばし黄昏たのち、そもそも付き合えるわけないしなとわれに返れるのが、よいひきこもりです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...