不登校新聞

276号(2009.10.15)

読者の眼 新政権発足②

2014年01月29日 13:15 by 匿名
2014年01月29日 13:15 by 匿名
 ようやく政権交代が実現した。けれども、これで明るい日本の未来が見えてきたとはとうてい言えない。過剰な期待は禁物だ、と自分に言い聞かせる。地元の選挙区では推したい候補がおらず消去法で民主党候補者に投票したが、比例区では他党に投票した。一党一人勝ちはヤバいと思ったし、そもそもの動機が「長い自民党政権下での社会の閉塞感からとにかく脱したい」という、なかば思考停止の現状選択であって、けっして将来選択ではなかったから。

 しかし、いまからこそ、新政権に大いに期待していこう。期待を持って、どんどん要請していかねば伝わらないし、チェックも甘くなる。これだけ新人議員が多いということは、これまでの不登校政策も、フリースクールの存在も、学校教育制度が生み出している子どもたちの苦しさも、ほとんど知らない議員が多いはずだ。まずは本紙を持ってレクチャーに行こう。とにかく不登校の実情を伝えていくことが大事だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…