不登校新聞

276号(2009.10.15)

論説「新政権と不登校運動」

2014年01月29日 13:25 by nakajima_


 社民党も国民新党も、民主党から大臣ポストがもらえて妙にうれしそうだ。以前、韓国の官僚に、「どうしてそんなにイス(権力のポスト)に執着するのかなぁ?」と聞いたことがある。するとその人は、「便利だからだよ」と答えた。どこに行くにも、何をするにも、障害となるものが何もない。権力に近づけば近づくほど楽になるので、一度その快適さを味わうと、不便になったときのストレスは、そうとうなものだという。

 これ、カミナリオヤジ(生活不適応男)が怒鳴るのと同じ。ちゃんと説明したり、相手の意見を聞いたりして調整するより、「逆らうとボコボコにするぞ!」と威嚇して自分の思い通りにするほうが楽、ということだ。

 自分の思う通りって、本当に気持ちがいい。一度、味を占めるとやめられなくなる。しかし、権力がやめられない止まらないで暴走したら、社会全体を壊してしまう。

 味方の命を守るためだったはずの戦争が、命を捨てて敵に突っ込む「特攻」に変質したのも、軍部の暴走を止められなかったからだ。一度、動き出したら止め ることができない習性が「日本人」にはあると言われてきたが、どんなものでも、走り出したものを止めるにはエネルギーがいる。だからこそ、市民がしっかり と権力を監視しなくてはならないのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...