不登校新聞

276号(2009.10.15)

ガンプラ工場見学へ

2014年08月18日 12:22 by nakajima_


「機動戦士ガンダム」の30周年特集第2弾として、子ども・若者編集部ではガンプラをつくっている「バンダイホビーセンター」の取材を行なった。

 日本が世界に誇る国民的ロボットであるガンダム。今年はアニメの放送開始から30周年、そして来年はガンダムのプラモデル、「ガンプラ」が誕生して30周年という節目にあたるのだ。そこで、子ども・若者編集部は実際に「ガンプラ」が制作されている「バンダイホビーセンター」の工場を見学・取材した。

 東海道線を乗り継ぎ、3時間かけて静岡県にある長沼駅にたどり着いたとたん、われわれのテンションはマックスである。コンビニすら見当たらない駅前で、ひときわ目立つ近代的な建造物、「バンダイホビーセンター」。スペースコロニーを思わせる曲線を描く壁一面に設置された太陽光発電用のソーラーパネル、そしてあの有名な「BANDAI」のロゴ。世界で発売されているガンプラはすべてここでつくられていると思うと、いやがおうにも舞い上がってしまう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...