不登校新聞

348号(2012.10.15)

子ども若者編集部企画 「大津事件後の新学期は」

2015年02月27日 10:56 by koguma

「大津事件後の新学期は~夏休み明けと子どもの自殺の関係」


 今年8月~9月までに報道で自殺・自殺未遂が確認されたケースは18件だった。

 具体的に事件を見てみると「始業式当日」に起きた事件は4件。もっとも印象に残った事件は8月29日の静岡県高2男子殺害・自殺未遂事件。この日、男子高生は始業式だったが登校せず、兄弟と父親が家を出たあと、祖母と母を刺し殺害。その後、自宅を放火し、浴室で手首を切りつけ自殺未遂を図った。このほか、大阪、兵庫、広島で自殺・自殺未遂があった。兵庫県の小6女児飛び降り自殺未遂では、直前に「夏休みの宿題が終わっていないので学校に行きたくない」と家族に話していたと言う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...