不登校新聞

274号(2009.9.15)

20回大会 参加者の声

2014年02月04日 13:22 by nakajima_

■やはり一番心に残ったのは、子ども・若者23人によるリレートークでした。当事者の方々の声は直接聞く機会がないので、かけがえのない体験をさせていただきました。  (40代・女性)

■「不登校の子どもの権利宣言」は画期的。不登校の本質がすべてつまっています。大いに広めていきましょう。
(50代・男性)

■どれも心にストンッと落ちるような言葉、気持ちをいただけました。みなさんそれぞれ状況はちがっても自分につながる、また示唆に富む生活をしていらっしゃるのを感じ、つながりあうことの心強さを、また財産としていただきました。
(40代・女性)

■分科会では同じような年齢の子どもを持ち、似たような悩みを持つ方々とお話をすることができて、とてもためになりました。エンディングの子ども・若者リレートークもとても感動したし、元気と勇気をもらいました。
(40代・女性)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...