不登校新聞

273号(2009.9.1)

かがり火 奥地圭子

2014年02月04日 14:58 by nakajima_

 

 8月22日・23日の不登校を考える全国大会・子ども交流合宿「ぱおぱお」は、全体会、分科会と子どものプログラム、宿泊がそれぞれちがう会場で行なわれ、バス移動が重なり、大変さはあったが、内容的には、20回目にふさわしい、いい集いとなった。

 『親のシンポジウム』では、子どもから学び育った親の姿が伝わってくるとともに、親の会が持っている人と人の文化のよさが語られ、シンポジウム『不登校これまでこれから』では、いつもご協力いただいている内田良子氏、山下英三郎氏に喜多明人氏も加わり、子どもの権利という側面からも考えることができた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...