不登校新聞

273号(2009.9.1)

手記 父として葛藤の連続

2014年02月04日 15:19 by nakajima_

 現在小学校6年生の娘が学校に行かない状態になったのは、5年生の5月末から。小学校4年生の2学期にいじめに遭い、学校側に訴えるも真摯に対応してくれず解決につながらなかった。

 その後、娘の意思もあり転校。転校後、いろいろありつつも4年生はどうにか通い続けた。5年生になりクラス替え後の新しい級友との関係に苦しみ、親の目から見ても学校に通い続けることはマイナス部分のほうが強くなっていった。

 本来学校は、家庭では得られない別の何かを得るために通っているはずなのに、失うことのほうが多いと感じざるをえない状況に、「学校って結局何なのだろう…」と考えさせられる日々。新しい担任や校長も前の在籍校同様、娘の「受けとめ方の問題」との反応。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

496号 2018/12/15

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...