不登校新聞

273号(2009.9.1)

手記 父として葛藤の連続

2014年02月04日 15:19 by nakajima_

 現在小学校6年生の娘が学校に行かない状態になったのは、5年生の5月末から。小学校4年生の2学期にいじめに遭い、学校側に訴えるも真摯に対応してくれず解決につながらなかった。

 その後、娘の意思もあり転校。転校後、いろいろありつつも4年生はどうにか通い続けた。5年生になりクラス替え後の新しい級友との関係に苦しみ、親の目から見ても学校に通い続けることはマイナス部分のほうが強くなっていった。

 本来学校は、家庭では得られない別の何かを得るために通っているはずなのに、失うことのほうが多いと感じざるをえない状況に、「学校って結局何なのだろう…」と考えさせられる日々。新しい担任や校長も前の在籍校同様、娘の「受けとめ方の問題」との反応。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...