不登校新聞

273号(2009.9.1)

手記 父として葛藤の連続

2014年02月04日 15:19 by nakajima_

 現在小学校6年生の娘が学校に行かない状態になったのは、5年生の5月末から。小学校4年生の2学期にいじめに遭い、学校側に訴えるも真摯に対応してくれず解決につながらなかった。

 その後、娘の意思もあり転校。転校後、いろいろありつつも4年生はどうにか通い続けた。5年生になりクラス替え後の新しい級友との関係に苦しみ、親の目から見ても学校に通い続けることはマイナス部分のほうが強くなっていった。

 本来学校は、家庭では得られない別の何かを得るために通っているはずなのに、失うことのほうが多いと感じざるをえない状況に、「学校って結局何なのだろう…」と考えさせられる日々。新しい担任や校長も前の在籍校同様、娘の「受けとめ方の問題」との反応。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

504号 2019/4/15

何度も失敗して見えてきた、ひきこもりの息子に寄り添う方法

503号 2019/4/1

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...