不登校新聞

348号(2012.10.15)

こどもほうりつ相談室「自分らしく生きるために」

2013年08月12日 12:18 by shiko


■Q 学校でいじめられたら、学校を休んでいいとか、逃げてもいいと言うけれど、ヘンじゃないですか。だって、いじめは許されないと言うのに、許されないことをしている人が学校に行けて、いじめられる側には学校に来なくていいなんて、おかしいと思う。

■室長 そういうふうに考えるのも自然なことですね。でもね、そこで言われている意味は、学校はいのちがけで行かなければならないところではない。いじめによって自分の心や身体が傷つけられるなら、そんな場所にしばられている必要はないから、離れたほうがいいよというアドバイスだと思うのです。

■Q いじめで不登校になった友だちは、いじめに負けちゃったような気がして、くやしくて、つらいと感じているようです。

■室長 それも自然な気持ちだろうね。でもね。

■Q 今日は「でもね」が多いですね。

■室長 ……でもね。「負けるが勝ち」という、うまい言葉もあるけど、本当は「勝ち負け」じゃないと思う。

 いじめは、一人ひとりの人間の行ないにちがいないし、その責任もあるけれど、責任だけを言っていても解決しないのじゃないかな。たとえば、クラスで一人がいじめのターゲットにされて、先生が「いじめは許さない」と言うと、みんなが彼にかかわったり、何か言えばいじめと思われるから、無視してかかわらないということになると、それこそが、もっとひどいいじめだというケースが現実にあるよね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...