不登校新聞

272号(2009.8.15)

かがり火 多田元

2014年02月13日 12:03 by 匿名
2014年02月13日 12:03 by 匿名


 8月に入ってやっと梅雨明けかとの天気予報である。今年は局地的集中豪雨、突風、竜巻、猛暑と天候は変転極まりない夏だが、社会にも変化の兆しが見える。

 自然の力の前では、われわれの力があまりに小さいために、受け身にならざるを得ない面はある。気になるのは、政治に関しても大人たちのあいだにこれに似た受け身の気配が見えることだ。主権者である国民が政権選択を迫られているとマスコミも無神経な言葉で報道する。まるで店の既製品を選ばざるを得ないように。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…