不登校新聞

272号(2009.8.15)

ひといき

2015年01月20日 10:27 by 匿名
2015年01月20日 10:27 by 匿名


 朝起きるとまずはメガネを探し、夜寝るときは電気を消してからメガネを外すという生活をしています。

 以前、新聞社に向かう途中にフレームが壊れてしまったときには、仕方なくセロハンテープで直したこともありました。セロハンテープで直したメガネをかける惨めさよりも、メガネがない不便さのほうが勝るのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

547号 2021/2/1

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…