不登校新聞

272号(2009.8.15)

ひといき

2015年01月20日 10:27 by nakajima_


 朝起きるとまずはメガネを探し、夜寝るときは電気を消してからメガネを外すという生活をしています。

 以前、新聞社に向かう途中にフレームが壊れてしまったときには、仕方なくセロハンテープで直したこともありました。セロハンテープで直したメガネをかける惨めさよりも、メガネがない不便さのほうが勝るのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

ひといき 堂満由美・多田耕史

251号(2008.10.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...