不登校・統合失調症当事者手記 連載「私に起きたコト」


 小学校のときに起こったいじめは、中学校へ上がるとやみましたが、感情はうまく働かないままでした。学校では、ほとんど口をきかず、ずっと席に座っていました。それは苦痛な時間でしかありませんでした。私は学校を休みがちになり、やがて完全に不登校になりました。
 
 ある日、泣いていると、母がやってきて横に座り「もう、学校やめようか」とそっと言ってくれました。ふっと重いものが取れたようでした。不登校が許されたのです。親公認の不登校なんて、すごい。
 
 知り合いのつてで、精神科医を紹介されました。私の奇異な言動を母に聞いてのことでしょう。当時、私は家にこもりきり、人前で歩くことが苦痛になっていました。正しい歩き方がわからなかったのです。
 
 自分自身をまるで化け物のように感じてしまい、外を歩くと人を怖がらせる気がしてならず、世間に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。それを自分では「対人恐怖症」だと思いこみ、心理学に関する新書をひたすら読み漁りました。
 
 知り合いが紹介してくれた精神科医も、はじめそう思ったのでしょうか、いろいろな薬が試されましたが、一向に効きませんでした。1年ほど経って、ようやく合う薬が見つかりました。当時の私には知らされませんでしたが、それは「統合失調症」のための薬でした。つねに続いていた緊張が和らいで、自在に体を動かすことができることに驚きました。原因のわからない恐怖や不安に悩まされる日々が終わりました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。