不登校新聞

380号 (2014.2.15)

声 いまの憂うつと夢

2014年02月14日 14:14 by kito-shin


 自分は、12歳でいじめを受け、人との関わりが怖くなり、不登校になった。5年間、家族とも話せないひきこもり状態が続いた。18歳のときから、外に出るトレーニングを始めた。19歳になる前、フリースクールに行くことになり、人と関われることができるようになった。いま22歳、いまだに外出すると人の目線がやっぱり怖い。
 
 同い年ぐらいの人と自分を比較して、自分自身に劣等感を抱きすぎているせいなのかもしれない。同い年だけじゃなくて、40代~50代ぐらいの人から見たら「ダメなやつだな」なんて思われているんじゃないかとも思う。外に出るたびに、外出がおっくうになるし、憂うつになる。
 
 でも、「不登校、ひきこもりでも見返してやりたい」と思い、いま、高認を取ろうと努力している。自分は漢字や英語は苦手だ。日常的にやや不便なこともある。勉強すれば将来的にもプラスになるんだと思う。



この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...