不登校新聞

271号(2009.8.1)

かがり火 森英俊

2014年02月19日 11:37 by nakajima_


 犬塚勉という画家をご存知だろうか。7月のNHK教育テレビの日曜美術館「私は自然になりたい」で、初めてこの画家のことを知った。まるで写真かと見まちがうような精緻な自然の描写と生命感あふれる迫力で、見るものを圧倒する。

 キャスターの姜尚中氏もその写実性に「画家のリアリズムが、そのまま伝わってくるようだ」と語り、スタジオに運び込まれた梅雨の晴れ間を描いた一枚の絵に魅せられていた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...