不登校新聞

271号(2009.8.1)

第7回 小銭拾いという骨太の方針 勝山実

2014年02月19日 11:52 by 匿名
2014年02月19日 11:52 by 匿名


連載「安心ひきこもりLIFE」


 ひきこもりができる賃金労働とはどのようなものか。現金を得るには外で働くしかないのでしょうか。否、ちがうと私は申し上げたい。お金を拾いましょう。小銭拾いこそ、私が一番続いた仕事でもあります。親も年を取ると細かいことを気にしなくなります。老眼鏡はだいたい見えればいいでおなじみの、おおらかな境地に達していますから、財布にいくら小銭があるかなんて気にしません。だから硬貨を家のなかのいろんなところに置くようになります。それを片付けて、部屋をきれいにするのがひきこもりの仕事です。最初は遠慮して10円玉くらいしか拾いませんが、すぐに50円、100玉と迷わず拾えるようになります。タンスの隙間、本棚の下、イチ押しはソファーの隙間。けっこうな額の小銭がありますから、手が千切れてもいいくらいの気持ちでかき出してください
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…