不登校新聞

271号(2009.8.1)

わが家の場合「犬と息子が歩んだ17年」

2014年02月19日 14:13 by 匿名
2014年02月19日 14:13 by 匿名


3兄弟の末っ子の息子が完全に学校に行けなくなったのは6歳、小学校1年生の秋だった。なんでもありの自由な教育方針の幼稚園から制約の多い小学校にとまどっているように見えた。初めから、きょろきょろと不安な顔をしているのを、私もやはり不安に思いながら見ていた。

 秋の運動会の翌日、いったん家を出たものの、ハンカチを忘れたと戻ってきた。そしてぷっつりと行かなくなった。それからは、一人で寝られない、寝つきが悪い、寝るといつまでも起きない、一人で遊べない、ご飯を食べない、機嫌が悪い、外に出ない、私から離れない、風呂に入らない、着替えない、暴れる、無理難題をふっかける……。

 生まれてから6年、順調に育ってきたと思っていたすべてのことがひっくり返った。もう学校どころではない。このまま退化し続けて命の源がしぼんでなくなってしまうのではないかと、寝ている顔をどきどきしながらのぞいたり体のぬくもりを確かめずにいられない日々だった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…