不登校新聞

271号(2009.8.1)

私の○○自慢!!

2014年02月19日 13:55 by 匿名
2014年02月19日 13:55 by 匿名


 「日本の子どもは自己評価が低い、欧米だと……」という話は、よく聞く。だが、そもそも「自分ってすばらしい」などと思うことは、なんだか恥ずかしい。そこで編集部では「友だちの自慢から始めよう」という企画が立ち上がった。この企画では、友人・知人をホメそやしおだて上げる。ホメられた友人が「いやいやキミだって……」と返してくる。こうして「ホメられの連鎖」が広がり、なんだかホッコリする社会が生まれそうな気がするわな。ということで、日本列島総ホメあい化を目指して、みなさんにホメちぎってもらいました。

世界記録保持者!


 私が自慢したい友だちは吉田匠くん。吉田くんは3列×3列の通常のルービックキューブはもちろんのこと、5列×5列、7列×7列のルービックキューブにおいても、日本屈指のキュービストなのです。

  そんな吉田くんが一番得意なパズル…その名も「メガミンクス」。なんと12面体で非常に複雑に見えるパズルなのですが、そのパズルの世界記録を持っている のです。今年1月に出したその世界記録とは驚愕の59秒。これほど複雑なパズルをそろえるのに、1分かからないのは、かなりの判断力と指の速さを持ってい るからなのです。私も長年ルービックキューブを続けていて日本女子4位の記録も持っていますが、その私が挑戦しても判断力が追いつかず非常に時間かかって しまうほど、「メガミンクス」は難しいのです。

 吉田くんは「CUTEX」という、ルービックキューブなどの立体回転パズルの早解き競技 「スピードキュービング」における解法などを研究している集まりのメンバーでもあり、私もときどき教わっています。世界記録保持者が友だちにいる。これ が、いまの私の友だち自慢です。  (村主美佳)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…