不登校新聞

270号(2009.7.15)

論説「確たる自分なんかいない」

2014年02月26日 11:35 by nakajima_


 「風よ、吹け~!」と思って眺めていた女子高生のスカートが、短すぎて「毛布持ってこようか」と思ってしまう親目線な自分に驚いた、という義弟の告白に笑いつつ同感。時間は止まってくれない。

 ワタシにとって"興味も共感もわかないもの”の代名詞だった甲子園球児がいつのまにか当然年下になり、それどころかプロ野球選手までがあらかた年下である現在。正確さを期すなら、甲子園球児はもう自分の息子と変わらない年代になった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...