不登校新聞

270号(2009.7.15)

論説「確たる自分なんかいない」

2014年02月26日 11:35 by 匿名


 「風よ、吹け~!」と思って眺めていた女子高生のスカートが、短すぎて「毛布持ってこようか」と思ってしまう親目線な自分に驚いた、という義弟の告白に笑いつつ同感。時間は止まってくれない。

 ワタシにとって"興味も共感もわかないもの”の代名詞だった甲子園球児がいつのまにか当然年下になり、それどころかプロ野球選手までがあらかた年下である現在。正確さを期すなら、甲子園球児はもう自分の息子と変わらない年代になった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの命を奪った「風の子事件」から見える、現代社会への問い

557号 2021/7/1

他者との「ちがい」から考える、自尊感情を高める教育とは

557号 2021/7/1

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...