不登校新聞

270号(2009.7.15)

声「無視された心と背景」

2014年02月26日 11:39 by nakajima_



 熊本県の小学2年生(2002年当時)の少年に対し、男性教員が胸元をつかんで叱った行為が、体罰に当たるかどうかの判決が、4月28日最高裁判所で下されました。その判決は「教育的指導の範囲を逸脱するものではなく、体罰に当たらない」として、体罰を認定した一、二審の判決を覆しました。

 この判決で重要なことは、裁判官から見て、教員の行為や目的が、物理的に子どもの身体へ危害を及ぼしたとしても、体罰に当たらないと判断していることです。つまり、大人の目から見て、体罰と思えないときには体罰ではないという判断です。その際に子どもが受けたつらさに関して、それによる子どもの心の破壊には、まったく配慮をしていません。大人の都合が優先され、子どもの人権が完全に無視されています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...