不登校新聞

270号(2009.7.15)

声「無視された心と背景」

2014年02月26日 11:39 by 匿名



 熊本県の小学2年生(2002年当時)の少年に対し、男性教員が胸元をつかんで叱った行為が、体罰に当たるかどうかの判決が、4月28日最高裁判所で下されました。その判決は「教育的指導の範囲を逸脱するものではなく、体罰に当たらない」として、体罰を認定した一、二審の判決を覆しました。

 この判決で重要なことは、裁判官から見て、教員の行為や目的が、物理的に子どもの身体へ危害を及ぼしたとしても、体罰に当たらないと判断していることです。つまり、大人の目から見て、体罰と思えないときには体罰ではないという判断です。その際に子どもが受けたつらさに関して、それによる子どもの心の破壊には、まったく配慮をしていません。大人の都合が優先され、子どもの人権が完全に無視されています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒3名が語る「通信制高校」の体験談

571号 2022/2/1

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...