不登校新聞

270号(2009.7.15)

いじめ経験者が語るいじめ

2014年02月26日 11:49 by nakajima_


今回、インタビューをしたのは小中高といじめに苦しんだH.N.暗器使いさん。「この数年、生きづらさから少し楽になった」と話しており、その経緯を、うかがった。

――長い期間、いじめを受けていたと聞きましたが。
 そうですね。小中高校時代はずっと拷問のようないじめを受け続けてきました。友だちもいなかったし、誰一人として手を差し伸べてくれない、という状況でした。高校卒業後は、すぐに働きだしたんですが、やはり人間関係は緊張しっぱなしで、生きづらさをずっと抱えています。

 そういう経緯から、いじめ被害、犯罪被害をなくしたい、と思い、イベントを企画したり、いろんな活動をしています。それは自分の生きづらさの根っこに「いじめ」があるということと、「いじめ」が軽く扱われてしまっていると感じているからです。僕の場合、いじめと言っても、実際にやられたことは殺されるような状況もあったし、レイプや性暴力もありました。率直に言えば、いじめた人に対しても、いじめを受けなかった人に対しても、憎いという気持ちが僕にはあります。そんなにかんたんに受けた傷がなくなるわけがないですからね。

 ただ、「憎い」と言うと、すごく警戒されたり、気持ち悪がられてしまい、本心とは全然ちがうかたちで受けとめられしまうんです。

 憎しみを手放したい

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...