不登校新聞

269号(2009.7.1)

かがり火 多田元

2014年02月26日 12:50 by 匿名
2014年02月26日 12:50 by 匿名


 人生で出会える数少ない知己。渡辺位さんは、片想いだが、筆者にとって己を知る心の眼を開いてくれた人だ。

 小学校での陰湿ないじめに傷つき、中学校で不登校をした息子を受けとめることができないで、暗闇をさ迷っているような時期に退職して、無職自由の身になったとき、渡辺位編著『登校拒否・学校に行かないで生きる』に出会った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…