不登校新聞

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

2014年02月26日 16:24 by 匿名


 「生き物としての子どもが、生き物としての原則に沿って育つという、子ども自身の自然が歪められ壊されていっている」。

 渡辺さんが84年に著された、『児童精神科』の一節です。日本の子どもたちが――そしてそれゆえ大人たちも――苦しむ現況を、渡辺さんは「生き物としての不自然さにある」と看破されました。そして、人間の自然と生き物の原則をとりもどしていく希望は、治療にではなく共生にあることを、医療を超え、自らの生き様を通して生涯、示し続けてこられました。

 第二次世界大戦の爪あとがまだ生々しく残る1950年代、一直線に、貧困のなかの共存から、強欲のための競争への道を歩み始めた日本に、アメリカから児童精神医学が導入されたのは、渡辺さんが医師になられた翌年でした。欧米にもまだ教科書すらない時代で、「自閉症」「学校恐怖症」など初めて聞く障害名に、医師も患者も戸惑いを覚え、誰でも対等な立場で意見を交換し議論できる場として、児童精神医学懇話会が誕生します。関東の拠点となったのは、都立梅が丘病院と国立国府台病院児童病棟(現・国立国際医療センター国府台病院児童精神科)でした。私が小児科医になったとき、渡辺さんは、後者の医長という要職にあり、日本の児童精神科を先導する一人でした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

「不登校」は心の問題なのか。河合塾講師が考えた末の結論

565号 2021/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...