不登校新聞

269号(2009.7.1)

いわし雲その一時を 小和田由紀子

2014年02月26日 14:18 by nakajima_
 26年前、「長いあいだ、つらかったね」とわが子に声をかけてくださったのが、まだ名前も知らなかった渡辺先生とのまったく幸運な最初の出会いでした。その当時(今も?)の社会は「登校拒否は本人や家庭の病理」といった考えばかりで、「学校に行けないほうがまとも」とおっしゃる先生の言葉は、ありがたかったものの、あまりにも現実離れした過激なものにしか思えませんでした。それでもこの人だけは、子どもの味方になってくれそうな人だと強く感じられたのです。

 当時、不登校は、その子の"生命の営み”であり"生き方”だと見る、子どもを尊重した考えは皆無でした。けれども「登校拒否を考える会」の会報や講演会に登場する、主体性と誇りを身につけた子どもたちの姿に、先生の考え方の正しさを実感させられてました。私のなかで過激だと見えていたものが、じつに真っ当な基本的にして根本的なものだと気づいていていきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...