不登校新聞

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

2014年02月26日 16:31 by nakajima_


 渡辺位さんの訃報に接し、謹んで哀悼の意を表し、渡辺さんから教えていただいたいくつかの思い出を書いておきたいと思います。渡辺位さんの名前を知ったのは、鳥取タンポポの会(不登校の子と親の会)が発足した1993年より前のことで、私が鳥取市郊外で診療所を開業して、不登校の子どもや親たちの相談を受けるようになったころのことです。

 最初は本屋で『登校拒否・学校に行かないで生きる』(太郎次郎社刊)を手にして、渡辺さんが千葉県の国立国府台病院の精神科医であり、児童精神医療を担当しておられ、希望会という登校拒否の子どもを持つ親の会があることなどを知りました。また渡辺さんが登校拒否というのは異常なことでも病的なことでもなく、ゆがんだ学校教育の状況のなかで、子どもが自身を守るために無意識にとる反応であるという趣旨の論文を1950年代から精神医学雑誌に書いておられたことも知りました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。