不登校新聞

269号(2009.7.1)

最終回 お母ちゃんの代わりはいない

2014年02月26日 16:46 by nakajima_


連載「親子って何だろ?」


「親・子ってなんだろ?」の連載も今回で最終回。今回は前号に引き続き、岩崎美枝子さんのお話。日本における育児文化や母子関係についてうかがった。
――みなさんは、どんな子育てをされているのでしょうか?
 長年、養育をしてきた女性が、最近、本を出版したんです。そこで書かれていたのは、彼女が最終的にたどり着いたのは「もっとも大事なのは、わが家の生活のリズムだ」と。

 その家庭はお寺なので、朝は和尚のお経で始まり、夕方のお経で一日が終わります。そのあいだ、彼女は、山ほどの洗濯物と食事の準備をする。食事は贅沢なものじゃなくていいけれど、「これを食べたら喜ぶかな」と思いながらつくること。そして、みんながだいたい揃った時間でご飯を食べる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...