不登校新聞

269号(2009.7.1)

渡辺位さんに聞く ’98

2014年02月26日 16:17 by nakajima_


今号は、不登校新聞社が渡辺位さんにはじめてインタビューした記事を掲載する。掲載当時は、1998年8月15日号と9月1日号だった。

――児童精神科医になった理由から教えてください。
 学生のとき、小児科に興味をもち、子どもにもかかわりたいと思いました。国府台病院(千葉県)でインターンをしたら、児童精神医療の部門があったので、そこに進みました。精神医療に進んだのは、血を見たくないという理由もありました(笑)。

 インターンを1年やって、それから1952年から1991年までの約40年間、国府台病院にいました。インターンのとき、当時の院長から「下医は病を医する。中医は人を医する。上医は世を医する」というドイツの格言をひいて、「みなさんは中医たれ」と聞かされました。

 まさにその通りだと思いましたね。下医は現象にとらわれる。病気しか見えない。上医は、世を医するというのだから政治の仕事。医者として世の中にどう関わるのか、よく考えてみると、医者は、病気ではなく人を医さなければならない、と思いましたから。

――登校拒否をどう思われていましたか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...