不登校新聞

269号(2009.7.1)

第269回 通院・投薬の状況はどうか

2014年02月26日 14:35 by nakajima_


連載「不登校の歴史」


 不登校をし、医療機関にかかったことのある人の調査を紹介している。今回は通院経験について質問した回答結果を紹介する。通院経験者はさすがに多く、子どもからの回答では88%、親からの回答では85%あった。

■通院期間


 子ども・親ともに、通院期間は1年以内が約4割。1年~2年以内が約18%、2年~3年以内は約10%、3年以上が18%。1~2%だが10年以上と答えた人もいた。通院期間が1年以内と答えた人の男女比を見ると、男の子は36%(子ども回答)、44%(親回答)、女の子は48%(子ども回答)、57%(親回答)。どちらも女の子のほうが通院期間が短い、という結果が出た。

 アンケートでは「不登校を病気だと思ったか」についても質問している(本紙264号参照)。不登校と病気に対する認識と「通院期間」の関連性を調べると、結果は不登校を病気だと認識して医療にかかっている人のほうが、通院期間が長くなる傾向がみられた。

■通院病院数

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...