不登校新聞

381号 (2014.3.1)

不登校した日の景色

2017年04月08日 14:29 by kito-shin


 私の不登校が始まったのは中2の9月なかばのことだった。ガリ勉でテストの点数がすべてと思っていた私は、ある日、勉強のしすぎで無理していたからか、強迫性障害になり、学校に行くことができなくなった。

 はじめは「不登校」ということに対し劣等感しかなかった。「学校に行かなければ、死ぬしか道はない」と信じて死ぬ気で勉強してきた私が、なんでいまこんなことになっているんだろう、と。

 しかしいつからだか分からないが、私は学校というレールからはずれ、不登校という生き方をしている自分が好きになっていた。たぶん、不登校を初めてから7年~8年は経ってから、そう思い始められたのだと思う。

支えになった人と居場所


 そのきっかけはフリースクールだった。高2の秋からフリースクールに通い、いろいろな生き方をする友だちと出会ううちに、昔の私のように、「用意されたイス、用意されたカリキュラム、それらをただ与えられ従うことが生きていくうえで本当に役に立つのか?  それは本当に重要なことなのか? 」と疑問に思ったのだ。むしろ、自分で見つけだして獲得したイス、自分で決める日々のカリキュラムを探し、まっとうすることのほうが難しいしスリリングで楽しい、そう思い始めていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...