不登校新聞

381号 (2014.3.1)

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

2014年04月03日 14:52 by kito-shin

テーマは”自閉症”



児童精神科医・門眞一郎さん

 「NPO法人岡山県自閉症児を育てる会」は4月12日、「世界自閉症啓発デー記念セミナー」を開催する。自閉症スペクトラム当事者で作家の小道モコさん、児童精神科医の門眞一郎さんが講師を務める。
 
 小道モコさんは著書『あたし研究』において、自閉症スペクトラムの世界を紹介している。「学校はジャングルのようだった」との指摘が印象的だ。
 
 門眞一郎さんは児童精神科医として30年近くに渡り、自閉症の子どもの支援を続けている。また2009年、門さんが会長を務めた第50回日本児童青年精神医学会では、それまで慣例だった製薬業界からの寄附をすべて排して開催。自身の講演「自閉症薬物療法の変遷と問題点」では、治療薬の実験データや広告内容が歪曲されている事実が多数あることを報告するなど警鐘を鳴らしている。
 
 毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」だ。日本では4月2日~8日を「発達障害啓発週間」と位置づけている。

日 時 4月12日(土)
     午前10時~午後4時
会 場 岡山ふれあいセンター 大ホール(岡山県岡山市)
講 師 【学校はジャングルのようでした~自閉症スペクトラム、意味の迷子の冒険談】/小道モコさん(当事者)
     【自閉症スペクトラムから自己主義スペクトラムへ】/門眞一郎さん(児童精神科医)
参加費 一般3000円、学生1000円
主 催 NPO法人岡山県自閉症児を育てる会
連絡先 (電話)086-955-6758

その他、3月上旬以降の不登校・ひきこもりイベント


3月1日(土)/愛知/参加費無料
■「不登校・ひきこもり~経験者から学ぶ」
会 場 グリーンパレスかすがい(春日井市)
時 間 午後1時15分~午後4時半
講 師 不登校・ひきこもり経験者の子ども、若者、保護者ほか
主 催 こころとまなびどっとこむ
連絡先 052-452-1136

3月2日(日)、3月9日(日)/神奈川/参加費 講座各800円、シンポ800円
■「第20回青少年支援セミナー 不登校・ひきこもりの当事者ニーズを考える」
会 場 神奈川県立青少年センター別館
時 間 両日とも午後1時~ 
講 師 丸山康彦さん(ヒューマン・スタジオ)、勝山実さん(自称ひきこもり名人)ほか
内 容 【2日/シンポジウム】
    ①「私・不登校・ひきこもりのあのときと今」
    ②「非支援で行こう!私たちの活動と未来を語る」
    【9日/講座】
    ①「不登校・ひきこもり~家族コミュニケーションのポイント」ほか
主 催 ヒューマン・スタジオ
連絡先 0466-50-2345

3月8日(土)/広島/参加費無料
■「いじめ・不登校・ひきこもり~不登校は心の非常口です」
会 場 あいプラザ多目的ホール(廿日市市)
時 間 午後1時半~午後4時半
講 師 内田良子さん(心理カウンセラー)
主 催 廿日市市社会福祉協議会
連絡先 0829-20-0294

3月16日(日)/千葉/参加費無料
■「ひきこもり~生きづらさからの生存戦略」
会 場 志津コミュニティセンター(佐倉市)
時 間 午後1時半~午後4時45分
講 師 山下耕平さん(コムニタス・フォロ)
主 催 ワーカーズコレクティブ風車
連絡先 043-461-5616


親の会情報


第1土曜日(1日)
■個の会(福岡)
連絡先 092-607-8038(坪根)
*第3日曜日にも開催
■FUTURE不登校を考える会(岡山)
連絡先 086-225-3639(秋吉)
■かめの会例会(山口)
連絡先 080-6306-3640(井上)

第1日曜日(2日)
■越谷らるご親の会(埼玉)
連絡先 048-970-8881

第1火曜日(4日)
■アトリエ・ゆう(埼玉)
連絡先 048-658-2552(火・水・木・土曜日、13時~16時)
*第1、第3土曜、第2、第4火曜に開催
■第2火曜日の会(千葉)
連絡先 090-8318-0133(川端)

第1金曜日(7日)
■めだかの会(富田林の親の会)(大阪)
連絡先 0721-25-5132(中尾)
■神栖親の会ひまわり(茨城)
連絡先 090-4249-6253(原野)
*第3金曜日にも開催

第2土曜日(8日)
■まちあいしつ例会(愛知)
連絡先 090-7310-2047(大村)
■ネモちば不登校・ひきこもりネットワーク 親サロン(千葉)
連絡先 047-411-5159
■日野市不登校を考える親と子の会(東京)    
連絡先 090-3530-4122(大森)
*第4土曜日にも開催
■ふくろうの会(兵庫)
連絡先 090-5674-4047(中島)
*第4日曜にも開催
■不登校を考える会・広島(広島)
連絡先 090-3376-3391(眞田)
■つながろう会(鳥取)
連絡先 090-7374-0153(渡邉)
■登校拒否を考える親の会(長崎)
連絡先 095-838-4021(井形)

第2日曜日(9日)
■ぶどうの木例会(千葉)
連絡先 04-7196-3373(宮内)
■ひまわり会(親と市民の会)(千葉)
連絡先 047-349-1346(月・水・金・松村)
■京都・学校に行かない子と親の会(京都)
連絡先 075-812-7703(高橋)
※子どもたちの出会いの会も同時開催
■ふきのとうの会例会(奈良)
連絡先 0742-48-8552(大谷)
■ふくしま登校拒否を考える会(ほんとの空くらぶ)
連絡先 024-934-4051(斎藤)
■宇宙船(不登校から学ぶ会)例会(神奈川)
連絡先 045-894-3670(宮下)

第2月曜日(10日)
■ほっとタイム(親の会in藤井寺)(大阪)
連絡先  072-938-7141(里中・夜)
■未来の会(恵庭市)
連絡先 0123-33-4663(近藤)
*最終金曜日にも開催
■登校拒否を考える会沼津(静岡)
連絡先 055-973-0384(渡辺・平日午後)

第2火曜日(11日)
■宝塚不登校の会「サポート」(兵庫)
連絡先 0797-86-5001(宝塚市社協ボランティア活動センター内)

第2水曜日(12日)
■登校拒否を考える会・佐倉(千葉)
連絡先 043-460-1335(下村)
■親の会ほっとケーキ(佐賀)
連絡先 0952-60-3277
*第4土曜日にも開催
■ほっとウィング(長野)
連絡先 080-1171-4452(渡部)

第2金曜日(14日)
■麦の会例会(愛媛)
連絡先 089-923-4481
■のびるの会(東京)
連絡先 090-2488-2550(平野)
*偶数月は第2金曜日

第3土曜日(15日)
■不登校に学ぶ船橋の会(千葉)
連絡先 047-422-3708(船橋教職員組合内、不登校に学ぶ船橋の会 山口・岡)
■不登校の子どもを持つ親・保護者の会(東京)
連絡先 03-5678-8171(東京シューレ葛飾中学校)
■NPO法人いまじん不登校親の会(兵庫)
連絡先 090-6983-2120(岸本)
■河内長野で集まる会(大阪)
連絡先 0721-54-3301(永田)
■草加らるご例会(埼玉)
連絡先 048-928-6705(大塚)

第3日曜日(16日)
■登校拒否を考える会(東京) 
連絡先 03-5993-3135
■栃木登校拒否を考える会(栃木)
連絡先 0282-23-2290(石林)
■登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)
連絡先 099-258-7188(内沢)
■子午線ファミリー定例会(兵庫)
連絡先 078-961-6441(出水)
■けやきの会(千葉)
連絡先 090-9345-9653(黛)
■ニート・ひきこもりの家族会(岐阜)
連絡先 090-7432-9158(中川)
■板橋 不登校・ひきこもりの子を持つ親の会(東京)
連絡先 03-6784-1205
 
読者登録をする
◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。
おすすめ記事

講演録「親はどう支えればいい?」講演録「親はどう支えればいい?」

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/良くも悪くも普通の学校」不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/良くも悪くも普通の学校」

ひきこもり・当事者連載「ひきこもるキモチ」ひきこもり・当事者連載「ひきこもるキモチ」

連載「自閉症スペクトラムから見える世界」連載「"自閉症スペクトラム”から見える世界」

連載「子ども・若者にかかわる精神医学の基礎」連載「子ども・若者にかかわる"精神医学”の基礎」

関連記事

不登校の克服、子どもが求めてたっけ? 青森「Open Base」からの提案

468号 2017/10/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

468号 2017/10/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...