不登校新聞

381号 (2014.3.1)

【公開】登校拒否を考える会30周年に

2014年04月03日 14:54 by kito-shin

奥地圭子さん

 2月16日、「登校拒否を考える会30周年の集い」が東京都北区で開催され、不登校経験者や親シンポジウムなどが催された。
 
 同会代表の奥地圭子さんは「不登校をめぐっては、まだまだ30年前と変わっていない面がある。子どもの気持ちや個性がありのまま大事にされる社会を目指し、活動を続けたい」と語った。

■登校拒否を考える会(東京)
例会/毎月第3日曜、13時半~
電話/03・5993・3135
※各地の会は8面を参照に。


読者登録をする
◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。
おすすめ記事

関連記事

不登校の克服、子どもが求めてたっけ? 青森「Open Base」からの提案

468号 2017/10/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

468号 2017/10/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...