奥地圭子さん

 2月16日、「登校拒否を考える会30周年の集い」が東京都北区で開催され、不登校経験者や親シンポジウムなどが催された。
 
 同会代表の奥地圭子さんは「不登校をめぐっては、まだまだ30年前と変わっていない面がある。子どもの気持ちや個性がありのまま大事にされる社会を目指し、活動を続けたい」と語った。

■登校拒否を考える会(東京)
例会/毎月第3日曜、13時半~
電話/03・5993・3135
※各地の会は8面を参照に。


読者登録をする
◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。
おすすめ記事