不登校新聞

268号(2009.6.15)

かがり火 森英俊

2014年03月06日 12:36 by nakajima_

 今年の初夏は、新緑の季節を楽しむゆとりもなく、新型インフルエンザ情報に振りまわされた。とくに発症した高校生や若い人たちのマスコミ報道は異常なほどであった。

 連日の国の警戒的な対応方針により、地方自治体や医療機関、そして教育機関や保育、介護の現場でも混乱が見られた。その後、新型インフルエンザが弱毒性であり、感染しても多くの場合には重篤な症状に至らないことも分かってきたが、風評被害はいまも続いており、不気味でさえある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...