不登校新聞

268号(2009.6.15)

わが家の場合「娘からのラブレター」

2014年03月06日 12:53 by nakajima_


 娘からのラブレターは、いままでに何通になっただろうか。娘は、小学校、中学校、高校、自動車学校と「学校」と名のつく場所に対して、断続的に登校拒否をくり返した。その都度、私は奈落の底に突き落とされ、つねに犯罪者を家に囲っているような想いだった。そして、近所の人の目が非常に気になり避けるようになった。子どもが登校拒否、ひきこもりをすれば、おのずと親も世間からひきこもってしまう傾向があると思う。

 中学校の相談室登校を経て、高校に入学し、3日目から学校に行かなくなったときは、家庭のなかが、季節の移り変わりも分からなくなるほど閉ざされてしまったようだった。

 そんななか、顔を会わせれば、必ず暴言を吐く娘からラブレターが届いた。私が、外出している隙を狙って居間に配達したようだ。内容は、不思議なことに数々の感謝の言葉や、親を気遣う言葉がつづられている。そのなかで、とくに印象に残っている言葉を転記させていただいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...