不登校新聞

268号(2009.6.15)

第268回 「拘束」は親には知らされない?

2014年03月06日 13:12 by nakajima_

連載「不登校の歴史」

 入院について、もう少し細かい状況を見てみよう。

■入院についての納得


 入院することについて、子どもは納得していたのだろうか。入院した子どもについて、「あなたは入院に納得しましたか」と聞いてみたところ、「はい」は64・3%であった。親に、「子どもは入院に納得しましたか」と聞いたところ、「はい」は66・7%。納得していたのは6割半、入院に「納得していない」「わからない」と答えた人が3割半ぐらいいたことは課題と言える。本人承諾なしの入院について「しょうがないのでは」という意見もあるが、それは入院させたい側の論理で、納得しないまま、入院させられた子の精神的な不安や傷を考えるとインフォームドコンセントをすすめてもらいたいと切に思う。

■入院中の治療

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...