不登校新聞

267号(2009.6.1)

箕輪子どもの森学園、再始動

2014年03月06日 16:00 by nakajima_


 2004年に設立し、オルタナティブスクールとして活動してきた「わくわく子ども学校」が、今年度から新校舎に移転し、名前も「箕面こどもの森学園」と改め、新たなスタートを切った。敷地は190坪、学校の校庭とまではいかないが、庭もかなり広く、まだ土が入ったばかりの庭には、子どもたちがトンネルを造っていた。

 校舎は2階建て、教室のほかに、多目的室や集会室もあり、かなり使い勝手はよさそうだ。シックハウス対策として床には無垢材が使われており、新築特有の臭いも、さほど気にならなかった。また、屋根には太陽光パネルが敷き詰められており、電力を自前でまかなっているだけではなく、電力会社に販売までしている。建物からして、自立性がある感じだ。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...