不登校新聞

381号 (2014.3.1)

不登校・ひきこもり当事者による子ども若者編集部とは

2014年03月06日 18:01 by shiko


不登校新聞では98年の創刊当初より、子ども若者編集部を設置してきました。

子ども若者編集部は、紙面の5面を担当。不登校・ひきこもりの当事者・経験者が自らの視点で企画立案、取材、執筆していきます。

現在参加者は60名。12歳~35歳までの人が参加しています。現在、不登校新聞編集長の石井志昂は、設置当初の子ども若者編集部のメンバーでした。
 
◎編集長・石井志昂


子ども若者編集部では、独自のSNSを持っており、編集部メンバーは全員、SNSに登録しています。

参加の仕方は人それぞれです。すべての取材を一人でこなす人も言えれば、執筆だけ、取材だけ、会議だけの人もいます。SNSが交流の場になっているので、交流だけの人もいます。もちろん、どんな関わり方でもOKです。

この子ども若者編集部になるためには、いくつかの要件が必要です。

①本人が子ども若者編集部に参加したい意志を持っていること

②新聞を家族、または本人が購読していること

③独自のSNSに登録すること

参加されたい方、問合せされたい方は下記まで。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...