不登校新聞

357号(2013.3.1)

経験者の声を現場に 予算の都合で人員カット…

2013年08月07日 14:32 by kito-shin
 千葉県教育委員会設置の相談機関「千葉県子どもと親のサポートセンター」(以下、センター)にて、不登校の相談に経験者の声をいれる画期的、先駆的取り組みとして、2002年より不登校経験者と親の立場の経験者5名が週一回、嘱託職員の立場で登用され相談事業を続けてきました。
 
 そこではおもに「サポルーム」(個別相談)「サポ☆広場」(フリースペース、親の会)「サポートセミナー」(講演)を企画運営し、いじめや体罰などのさまざまな理由で不登校になった子ども、親(年間延べ約1000名)をこれまで継続的に支援してきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...