不登校新聞

357号(2013.3.1)

経験者の声を現場に 予算の都合で人員カット…

2013年08月07日 14:32 by kito-shin
 千葉県教育委員会設置の相談機関「千葉県子どもと親のサポートセンター」(以下、センター)にて、不登校の相談に経験者の声をいれる画期的、先駆的取り組みとして、2002年より不登校経験者と親の立場の経験者5名が週一回、嘱託職員の立場で登用され相談事業を続けてきました。
 
 そこではおもに「サポルーム」(個別相談)「サポ☆広場」(フリースペース、親の会)「サポートセミナー」(講演)を企画運営し、いじめや体罰などのさまざまな理由で不登校になった子ども、親(年間延べ約1000名)をこれまで継続的に支援してきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...