不登校新聞

357号(2013.3.1)

第4回「肉体的な衰え」

2014年02月13日 15:37 by kito-shin
 
 
◎連載「ひきこもるキモチ」

 ひきこもりの身体がどういう状態なのか、外の世界からは、多分、想像できないものだと思う。きっと親御さんも心配しているのではないだろうか。

 同じひきこもりと話して盛り上がることの一つに、「歩いて5分のコンビニまでで筋肉痛になったか」というのがある。常識じゃ考えられないくらい身体が衰えるので、5分歩いただけでと筋肉痛になってしまう。まるで何カ月も宇宙にいた宇宙飛行士のように、だ。

 つらいことはたくさんあったが、なかでも、肉体的な衰えから来る苦痛は筆舌に尽くしがたい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...