不登校新聞

266号(2009.5.15)

かがり火 多田元

2014年03月13日 11:53 by nakajima_

 2009年4月28日、最高裁は熊本の7歳男子(小学校2年生)が受けた体罰問題で、教員の体罰の違法を認めた地裁、高裁の判決を取り消し、男子の損害賠償請求をしりぞけた。

 最高裁は、教員の尻を2回蹴って逃げる悪ふざけをした男子に対し、教員が胸元の服をつかんで壁に押し当て、大声で「もう、すんなよ」と叱った行為が罰として肉体的苦痛を加える目的はなく、教育的指導の範囲内で、学校教育法が禁止する体罰ではないとした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...