不登校新聞

266号(2009.5.15)

退職を決めたら…

2014年03月13日 12:53 by nakajima_


今回の「Neatな人たち」は束裕貴さん(仮名)。五月病にちなんで、この時期に「仕事を辞めたい」と思った経験を書いてもらった。

 1996年に大学を卒業して、『フロムA』でアルバイトを探し、面接を受けました。「フリーターでいいや」という気がして……、当時は〈バブルの残照〉と〈不況の予感〉が混在している時期でした。

 都心のホテルのレストランの、ウェイターとして採用されたのですが、僕は〈生意気〉だった、と思います。店長に挨拶したくない、とか、人から指図されたくない、と思ってました(やりにくい子が入ってきた、とほかのスタッフは困ってたみたいです)。「あなたみたいに変わった人、はじめて」と言われたけど、何が変わってるか僕にはわからなかった(腕を組んで、レジのカウンターに立ち、テーブルのお客を睨んだりしてました)。そんなふうに、はじめは僕も〈生意気〉だったけど、5月ごろには、だんだんヘコんできました。毎日地下鉄に乗ってホテルに通ってたのですが、一生、このままトンネルに閉じ込められる、という気がして、出口が見えなかった。延々と地下鉄に乗る――という、生活の重苦しさに、脳が縮んでゆくみたいだった。そして、食べ残しの皿をトレーに重ねながら「仕事辞めたい」と思ったのです。辞めようか、辞めるのやめようか、悩んだ末に、「6月いっぱいで辞めたい」と店長に言いました。「えー、辞めるの」と店長は動揺して、僕の気は軽くなった。 脳がぱっと開いたみたいに。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...